2005.12.05

江国香織さんの文庫。

ひさびさに読書。
本は大好きなのに、
仕事や遊びが忙しくて、
本を読めないのはさみしいことだ。
江国さんの文庫、
いつか記憶からこぼれおちるとしても、を読んだ。
気になる文章があった。
そしたらその文章が巻末の、
解説にも引用されていた。
やはり心地よくも、
感銘を受けるフレーズなのか?
なにはともあれ、
心地よい一冊なので、是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.18

「真昼の花」を読んで。

角田光代さんの「真昼の花」を読んだ。
角田さんの紡ぎだす文章から、
生温かいアジアの空気が漂い出す。

放浪の旅を続ける主人公。
それはあてもなく、目的もない旅に思える。
何を探したいのか、
どこに行きたいのか、
自分が一体何者なのか。

そんなことは、
日常に紛れて改めて考えたこともないような事柄だけれども、
誰もがたどり着く人生最大級の疑問だと思う。

私も日々の忙しさにかまけ、
そんなことをつきつめて考えることはなかなかないけれど、
でも、どんなに頑張ったってあと50年くらい生きるのがやっとなんだから、
目的とか、目標とか、夢とか、希望とか、
そういうものがあってもいいのかなと思う。
逆に無い人はさみしいのかなとも思う。

みんなが「幸せ」と思うことを、
同じように「幸せ」と感じることが出来るのは幸せなことだ。

たとえば、
学校を出て、就職して、結婚して、子供を育てて、
家庭を築いて、子供が一人前になって、孫が出来て、
自分のやりたいことをいろいろやって、、、
そういう一般的な「幸せ」を、
「幸せ」と思えることって、けっこう大切だ。

今の自分に満足できていないでもがいている人が、
たくさんいる。
働いていてもどこが不安で中途半端で、
自分に満足出来ずに、おろおろしていたりする。

いつも今の自分を幸せと思えるような、
健全な心を持ちたいな。
自分が何者か知りたいけれど、
どこに行ったらいいのか迷うこともあるかもしれないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.17

吉田修一「パークライフ」

初めて吉田修一さんの本を読みました。

抜群に文章がうまい。
すらすらと読めるのに、
目の前に風景画鮮やかに思い浮かぶような表現力。
すごい、すごい、すごい。

日比谷公園を舞台に進むお話です。
日比谷公園は私も行ったことがあるし、
コンサートに行ったこともあるし、
素通りしたこともあるし、
朝歩いたこともあるし、
知っている場所だけに、
入っていきやすかったです。

恋愛小説でもなく、
サスペンスでもなく、
でも、何か、「前へ」進みたくなるような、
そんな前向きなチカラを感じました。

特にコレといった悩みがなくても、
すっきりしていない人におすすめかも。
ぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.13

角田光代「ピンクバス」

角田光代の本を読むときは、
読むときに少し決心がいる。

吉本ばななと江國香織のときは、
そんな決心はいらない。
すぅっと入ってくるし、
心地よく、しかも心の奥の、
自分でも気がつかなかった部分を、
揺さぶられたりして、
気持ちがよい。

角田光代の文章は、
それらとは大きく違っている。

確かに女流文学で、
文章も読みやすいのだけれど、
ずしりと重く、暗い。
息苦しくなることすら、ある。

でも、
それは普段私が逃げている部分で、
必ず私も持っている部分で、
ハッとさせられたりする。
そして、やっぱり暗くなったり、
なのに、最後は前を向かざるをえなくなる。

「ピンクバス」は角田さんの初期の代表作とのこと。
こういう文章をつむぎだす人は、
きっとものすごい奇抜な人なんだろうなぁと思うが、
角田さんの写真をみると、
純朴そうな優しいお姉さんだ。

内面にいろいろなものを秘めているのか、
私もこんな文章がかける人になりたいと、
僭越ながら思うのでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.07

「24」の小説。

話題の「24」を小説で読み始めました。
読んでる人曰く、
「ビデオより本の方がおもしろいよ!」とのこと。

その言葉を信じて、
「24」の一番初めのもの(シリーズⅠ)を購入。

とってもおもしろいです。
「本を読んでからビデオを見るといいよ!」とのアドバイスもあり、
本を読み終わってから、
遅ればせながらビデオも見たいと思ってます。

このアドバイス、
「話が同時進行で、どんどん場面が変わるから、
テンポについていけないであろう君にはその方法が一番!」
ということらしい。

そう?
映画のストーリーが分からなくなっちゃったなんて経験は、
ないんですがねえ。
まあ、いっか(*´∇`*)
本が好きな私としては、
本先行で入るのは一番スキです。
ハリーポッターもそうだったしね♪


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.24

読書感想文アップ♪

右下のマイリスト「まったり読書感想文」更新しました。

読んだのは整理・収納の法則という本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.17

本日購入書籍。

本屋さんが大好きーーーー!!
本屋さんを見ていると、なんだか、幸せ。
何時間でもいられます♪

今日は上野駅で書籍購入♪

ルンルン♪ q(^-^q)(p^-^)p q(^-^q)(p^-^)p ♪ルンルン

まずはとうとう買ってしまいました。
平成17年度版六星占術による木星人の運命。
細木数子先生の占いの本。
占い大好きの私。
いいことは信じる、そして悪いことは素直に信じて気をつける。

次は、
「あなたの24時間が変わる、整理・収納の法則」
これは、心惹かれる題名♪
片付けは好きなのに、上手に片付けられないことが多く、
会社でも資料を探して見つからないことが多いので、
仕事の効率を上げるためにも購入!!

それから、
「パークライフ」吉田修一さんの作品。
芥川賞受賞作品とのことで、
文庫化されたものを購入。
読むのが楽しみ。

最後に、
「GOOD LUCK」
100万部突破したとのお話が、
新聞にも掲載されていましたが、
このごろ落ち込み気味、目標を見失い気味のため、
元気が出そうな気がしたので、購入。

本に救いを求めるのは、間違っているかもしれないけれど、
何か解決の糸口を発見できればと思います。
占いも、片付けの法則も、芥川賞も、話題の一冊も、
私の元気の薬になることを祈る、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)